二日酔いとウコン

ウコンは何故二日酔いによいと言われているのでしょうか?その理由は?

二日酔いとウコン

ウコンはなぜ二日酔いによいとされているのでしょうか?二日酔いの原因とウコンの成分の関係についてご説明致します。

二日酔いの原因

ついつい飲みすぎてしまった後にやってくるつらーい二日酔い。二日酔いで頭痛

そもそもなぜ二日酔いになってしまうのでしょうか?

お酒を飲むと「酔う」わけですが、「酔い」とはアルコールによって脳の活動を麻痺させられている状態です。

飲んだお酒はアルコールとしておよそ20%が胃で吸収され、残りの80%は小腸で吸収されるそうです。そしてアルコールは血管に入り全身にまわっていきます。

体内に入ってくるアルコールを分解し、対外に排出しようとする働きは「代謝」と呼ばれ、それは肝臓がその役目を果たしています。

肝臓は、運ばれてきたアルコールを、まずアルコール脱水素酵素(ADH)により「アセトアルデヒド」という毒性を持った物質に分解します。この「アセトアルデヒド」こそが、頭痛や吐き気といった二日酔いの症状の元凶です。

■代謝のイメージ図

?

ビールを1本、日本酒1合のアルコールを分解するのに3時間ということは、ビールを3本飲んだら単純計算でアルコールが分解されるまで9時間かかることになります。ただ、この程度の量なら一晩寝れば頭はすっきりです。

もし、ビール3本以上飲んだ翌朝は・・・?おわかりですね。

二日酔いとは肝臓の代謝能力を超えてアルコールを取ってしまうため、朝になっても「アセトアルデヒド」が残った状態、なのです。

?

二日酔いの予防と対策

二日酔いにならないためにはどんな対策をとればいいのでしょうか?答えは簡単です。要するに「自分の代謝能力を超えたアルコールを摂取しないこと」です。飲みすぎないこと、ですね。

ただ、そう言ってしまえば身も蓋もありません。わかっていても飲みたいとき、飲まずにいられないときもあります。

できるだけ二日酔いで苦しまなくていいようにするための知識・心がけだけがあるだけでもずいぶん違うはずです。 基本的な考え方としては、

?

1.アルコールの分解で大量に消費された水とエネルギーを補給する

2.肝臓の代謝機能を高める成分を体内に摂り入れる

3.尿や汗、呼気によって、出来る限り体外にアルコールを出す

?

ということになります。

二日酔い対策としてウコンが有効であると言われています。TVコマーシャルでも盛んに紹介されていますし、コンビニエンスストアなどでもウコンドリンクやサプリメントが販売されています。

ウコンのドリンクやサプリメントを摂るということは上記にある二日酔いの「2.肝臓の代謝機能を高める成分を体内に摂り入れる」にあたる二日酔い対策なのです。

では、なぜウコンは二日酔い対策によいと言われているのでしょうか? その理由をご説明致します。

?

二日酔い対策としてのウコン

ウコンにはさまざまな成分が含まれていますが、その中で特筆すべき成分が色素成分:クルクミンです。

ウコンは一般的に、秋ウコン春ウコン紫ウコンと呼び分けられていますが、このクルクミンは秋ウコンに特に多く含まれています。実は、春ウコンや紫ウコンにはほとんど含まれていません。

クルクミンには肝機能を強化し、胆汁分泌を促進する作用や利尿作用があります。そのため、胆炎などの肝機能障害に有効な成分と言われています。

クルクミンを多く含む秋ウコンを摂ることで、アルコールの分解を促進してくれますので、二日酔い対策の商品として販売されているのです。 アルコールの分解を促進してくるということは、肝臓への負担を減らしてくれるとも言えます。

現在判明しているウコンの成分や特徴からみると、二日酔い対策に有効なウコンはクルクミンを豊富に含む「秋ウコン」ということになります。

春ウコンや紫ウコンにはそれぞれ別の成分による恩恵があります。ウコンの成分についての詳細はウコンの効果・効能のページを御覧下さい。