ウコン(うこん)の効果・効能

ウコン(うこん)の効果効能を詳しく解説しています。

ホーム > 沖縄の健康食材 > ウコン(うこん)の効果・効能

ウコン(鬱金、うこん)の効果効能

ウコンはショウガ科に属する多年草植物で、世界にはさまざまな種類のウコンが存在しています。寒さに弱いため日本では、沖縄県と鹿児島県のごく一部をのぞいて自生しているところは少ないです。もともとウコンは熱帯アジアの太陽が育てた植物です。
ウコン(うこん)の収穫
日本にウコンがもたらされたのは室町時代と言われます。その後江戸時代の前期になると、広く海外と交易をしていた琉球王国を通じて、薩摩、境という経路で各地に広まりました。琉球王朝時代から独自の文化を築いてきた沖縄では、ウコンは「うっちん」と方言で呼ばれ受け継がれてきました。

沖縄では、ウコンには肝臓を強くする働きがあるとされ、お茶として飲用したり、料理に入れるなどして、古くから民間薬草として利用されてきました。

ウコンの種類 ~秋ウコン、春ウコン、紫ウコン、白ウコン~

一般的に日本でよく利用されているものは、秋ウコン、春ウコン、紫ウコンの3種類があります。そのほかに、あまり知られていない白ウコンなどもあります。よく紫ウコンのことを別名白ウコンともいうと紹介されている文献もありますが、ここでいう白ウコンは全く別な種類です。

俗称:秋ウコン
学名:ウコン

俗称:春ウコン
学名:キョウオウ

俗称:紫ウコン
学名:ガジュツ

俗称:白ウコン
別名:ハナショウガ

クルクミンを多く含み、もっとも多く利用される種類です。

五臓強化によいといわれる種類です。

胃腸病、老化防止によいといわれています。

すい臓、糖尿病、水虫によいといわれる種類です。

ウコン、キョウオウ、ガジュツのいずれもゴツゴツとした根茎の形が似ていますが、これら3つを区別するために、俗称として秋に花の咲くウコンを「秋ウコン」、春に花をつけるキョウオウを「春ウコン」、根茎の切り口が薄い紫色のガジュツを「紫ウコン」といって呼び分けています。

つまり、本来の「ウコン」というのは「秋ウコン」のことを指します。正確には春ウコン、紫ウコンはウコンという名が付いていますが、別の植物なのです。

▼根茎の切り口で違いがはっきり!

秋ウコン

春ウコン

紫ウコン

ウコンに含まれる成分

ウコンに含まれる成分とその効能は以下の通りです。

 

成分

成分の効能

色素成分

クルクミン

肝機能を強化し、胆汁分泌を促進する作用や利尿作用があるため、胆炎などの肝機能障害に有効な成分です。

精油成分

ターメロン

胆汁の分泌を促進する作用とともに、鮮魚寄生虫アニサキスの成長を抑制する作用があります。

シネオール

胆汁の分泌を促進する作用のほか、健胃作用、殺菌作用、防腐作用などの幅広い効果があります。

クルクメン

実験的に抗がん作用の強い活性が認められているほか、体内のコレステロールを溶かす役割があり、尿道結石や動脈硬化に有効といわれています。

クルクモール

実験的に抗がん作用の活性があることが認められており、中国では特に子宮がんの治療に有効であるといわれ、臨床的に用いられています。

エレメン

実験的に腫瘍に対して増殖を抑える活性が認められています。

パラメチトルイルカピノール

胆道にある胆汁を排出する作用があります。

フラボノイド(ビタミンP)

血管壁に直接作用し、もろくなった血管を修復する作用があり、血管に弾力性が出てきます。循環器を中心に認知症の予防、喘息、アトピーなど広範囲に効果を上げています。

アズレン

炎症や潰瘍を治す作用があり、また胃液中のペプシンの作用を抑える働きがあるといわれています。そのため、アフタ性口内炎や胃・十二指腸潰瘍の治療薬として使われています。

カンファ

神経を昂奮させる作用があり、強心作用を持っています。

その他

ミネラル、ビタミン類

リン、鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ビタミンC、ビタミンBなどが含まれています。

ウコンが私たちの生活習慣と関係のあるところで注目されているのは、肝機能を強化し、解毒作用を助けるということです。二日酔い対策やダイエット、健康維持に効果が期待されています。

二日酔いの原因とウコンとの関係については、「二日酔いとウコン」のページで詳しく解説していますので、ぜひ御覧下さい。

 

春ウコンと秋ウコンの違い

ウコンの成分を見るといろいろな有効成分があることがお分かりいただけたかと思いますが、では、春ウコンと秋ウコンはどっちを選べばよいのでしょうか?まず、春ウコンと秋ウコンの成分の違いを見てみましょう。

▼ 秋ウコンと春ウコンの成分比較

 

秋ウコン

春ウコン

クルクミン

3.6%

0.3%

精油成分

1.0%

6.0%

ミネラル

0.8%

6.0%

上記の表でお分かりのように、秋ウコンには肝機能を強化する「クルクミン」が豊富に含まれていますので二日酔い対策や肝臓への負担を減らしたいというかたにおすすめです。、それに対し、春ウコンは豊富な「精油成分」、「ミネラル」が特徴です。 精油成分は殺菌作用が強く胃の健康を守り、抗酸化作用が強いといわれています。肝臓だけでなく、胃腸の健康も維持したいかたにおすすめします。

紫ウコンの特徴

紫ウコンは、秋ウコン、春ウコンとは違い、色素成分のクルクミンはほとんど含まれていません。ただ、「シネオール」、「アズレン」、「カンファ」といった精油成分を含み、すばらしい芳香です。

漢方では、「芳香性健胃剤」として使用されていて、特に胃潰瘍、十二指腸潰瘍によいとされています。この潰瘍の主な原因とされているのがヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)ですが、胃、十二指腸潰瘍の患者さんに紫ウコンを使ったところ、ピロリ菌が消滅し、潰瘍の再発も見られないといった報告があります。

また、血液の浄化、血管や脳細胞の老化防止にも効果があるとされています。血液を浄化することによって肩こりや腰痛の原因物質を取り除いてしまい、痛みも解消してくれます。同じような意味で疲労回復効果もあります。 以前TVでダイエットに効果がある「究極の食材」として紹介され、注目を集めました。

ぬちぐすいウコン